沿革
昭和22年   「清水合金鋳造所」を創業(彦根市沼波町)
昭和32年   「清水合金製作所」に改称(機械部門発足)
日本水道協会の検査工場として受検開始
昭和36年   「株式会社清水合金製作所」として法人に改組
昭和47年   日本水道協会指定検査工場の許可認定を取得
昭和48年   日本工業規格表示工場の許可認定を取得(JIS工場)
現在地に移転する
昭和52年   建設業(機械器具設置工事業)の許可認定を取得
昭和53年   日本工業用水協会の管・弁類等、製造事業所としての許可認定を取得
昭和54年   製鉄プラント用耐熱コントロール弁の技術を確立
昭和56年   西ドイツ ボップアンドロイター社とボブロイターバルブ(ソフトシール仕切弁)に関する技術提携
粉体塗装工場を新設(我が国最初のバルブ用粉体設備)
日本水道協会・水道用粉体塗装工場の許可認定を取得
昭和57年   大阪市・粉体塗装工場の許可認定を取得
平成元年   粉体塗装ロボット設備を新設
平成3年   製品及び資材管理倉庫新設
平成6年   九州営業所を開設
平成7年   キッツグループに参画
平成8年   仙台営業所開設
平成10年   ISO9001 認証取得
建設業(土木工事業、とび・土工工事業、鋼構造物工事業、水道施設工事業)の許可認定を取得
平成16年   ISO14001認証取得
新潟出張所開設
平成17年   中国四国営業所開設
平成20年   JIS製品認証(JIS B 2062)を取得
名古屋営業所開設
粉体塗装設備を新設
平成22年   日本水道協会 第1種検査工場として登録される
平成23年   溶射設備を新設