HOME導入事例 > アクアMF-R
導入事例

長野県 2012年

No.22  アクアMF-R
−概略−
処理方法:膜ろ過
計画浄水量:10m3/日
原水の種類:表流水

導入背景
・施設が遠方にあり、日常的な管理が困難
・降雨により原水が濁ることがあり、クリプトの混入が心配
・設置スペースが少なく、大型の装置が導入できない
・将来、施設の廃止も想定されるため、移設可能のパッケージ型