HOME導入事例 > アクアMF
導入事例

和歌山県 2014年

No.68  アクアMF
−概略−
処理方法:膜ろ過
計画浄水量:388m3/日
原水の種類:伏流水
導入背景
・既設砂ろ過装置が老朽化しており、浄水困難
・降雨により原水が濁ることがあり、クリプトの侵入が心配
・お客様所有の再利用設備を最大限活用