HOME > GXソフト
製品紹介GXソフト

 
 ソフトシール仕切弁 GX形
GXソフト ロゴ

耐震性、耐久性、施工性にすぐれた

     これからのソフトシール仕切弁

GXソフト 両受形
両受形
GXソフト 受挿し
受挿し形

成7年の阪神淡路大震災、平成16年の新潟県中越地震、平成23年の東日本大震災など、近年の日本はまさに地震の活動期に入っています。今後も東海地震をはじめ、大地震発生の可能性が高まっています。
大地震発生における、水道・電気・ガスなどのライフラインの確保は、最重要課題です。また、現在の水道は更新時期を迎えており、耐震化への取り組みが国を挙げて進められています。
そこで、今、新耐震管として最も注目を集めているのが、GX形ダクタイル鋳鉄管です。この鋳鉄管は、耐震化はもちろんのこと、管路の長寿命化、施工性の良さから、採用が広がりつつあります。
そのGX形ダクタイル鋳鉄管に対応するソフトシール仕切弁が「GXソフト」です。

GX仕様とは

耐震ソフトシール仕切弁として定評のあるNSソフトと同等の耐震性を持ちながら、施工性、防食機能を向上させた異形管継手構造です。

      1.メカニカル接合で施工性が向上
   2.T頭ボルト本数がK形の半分
    3.メタルタッチよってT頭ボルトの締付時のトルク管理が不要
GX 継手構造

図は、日本ダクタイル鉄管協会パンフレットより

パイプラインの耐震化

パイプラインをGX形継手で統一できるため、一様な耐震性と施工性、長寿命化を実現します。

防食機能

弁箱外面は、 亜鉛合金溶射+封孔処理+合成樹脂塗装の耐食仕様となっています。
部分的に鉄部が露出しても、耐食層の自己防食により防食機能を維持します。

外面耐食塗装
GXソフト 外面耐食塗装

自己防食メカニズム
GXソフト 自己防食

 図は、日本ダクタイル鉄管協会パンフレットより

 防食性能試験

試験前GX 防食性能試験 試験前 120日後  GX 防食性能試験 120日後        

複合サイクル試験機を用い、JIS K 5600 7-9 サイクル腐食試験方法にあるサイクルAの試験を行いました。120日後でも赤錆の発生は見られず、防食性能が維持されていることを確認しました。

詳しくは、技術資料:「GXソフト 外面耐食塗装における防食性能試験」を参照ください。

 

 

 

ページトップへもどる
過去の製品紹介記事
マルチガスケット
  2017.05.12
GXソフト
  2016.06.21
チェンジソフト
  2016.06.21
充水機能付NSバタ
  2016.03.26
耐震形 NSバタ
  2014.10.20
アクアUV
  2013.03.01
EX消火栓
  2013.03.01
アクアシリーズ
  2013.03.01